Go!Hatto TOME MUSOU うまし、たくまし、登米市
登米市のソウルフード

はっととは...?

古くから伝わる登米市の郷土料理
“はっと”とは、小麦粉を水で練って熟成させたものを薄くのばして茹で上げたもの。
醤油仕立ての汁で茹で上げたり、お湯で茹でて、あずき、ずんだ、ジュウネン(エゴマ)などに絡めたりもします。ツルツル、もちもちの食感がやみつきになる郷土料理です。
出汁や具材は登米地方の中でも地域や家庭によりさまざまです。
地域の特色を生かした”はっと”は、その場所でしか味わえないお袋の味です。

はっと誕生の歴史

“はっと”が御法度?

今から約四百年前、有数の米どころであった登米地方は、伊達藩の「買米制度」により、お百姓さんが年貢を納めたあとの余った米も買い上げ江戸へ送っていました。そのため、お百姓さんは米を食べることができず、「百姓食物常々雑穀ヲ可用食之事」(米を食わず雑穀を食うべし)という百姓法度まで出されました。
満足に米を食べられないお百姓さんは小麦を粉にし練って茹で上げ“はっと”にして食べていました。お百姓さんの知恵でおいしい“はっと”の食べ方が工夫され、好んで食べられるようになると、この地を治めていた領主は、“はっと”のために小麦ばかりを作って、米作りが疎かになるのではないかと心配して“はっと”を食べることを禁止(法度)するようになったことから「はっと」と呼ばれるようになったと言われています。

トメ流 おいしい“はっと”の作り方(4人分)

小麦粉(150g)に水(80㏄)を加え、耳たぶくらいの柔らかさになるまで練った後、寝かせておく。
適度な大きさに油揚げ(1枚)、大根(2/4本)、しいたけ(2個)、長ねぎ(1本)などを切っておく。
鍋に水(1000cc)とカツオだし(6g)を入れて火に掛ける。
沸騰手前で食材としょうゆ(40cc)を入れる。
寝かせておいた生地(はっと)を薄くのばし、一口大にして鍋へ入れる。
この“はっと”をちぎる動作を「はっとつみ」といい、登米無双の奥義にもこの動きが取り入れられているとか… 生地に火が通ったら塩(3g)で味を調えて完成!
お好みで七味とうがらしをどうぞ。

はっとの食文化を全国に発信!

日本一はっとフェスティバル

平成16年にスタートした「日本一はっとフェスティバル」は、10年以上も続く登米市のイベントの一つ。
登米市名物のはっとと、全国各地のはっととよく似た郷土料理が一堂に会して開催されます。
会場には定番からスイーツ系まで30種類以上の様々な味が勢ぞろい。
1杯300円程度で味わえます。
はっとに舌鼓を打ったあとは、来場者の投票でその年の「はっと大賞」が決定します。
会場で行われる踊りや演舞などのステージイベントも楽しめるとあって、毎年多くの人が来場します。

時期:12月の第1週の日曜日(平成28年は12月4日)
場所:迫・中江中央公園(登米市役所前)
第13回日本一はっとフェスティバル

登米市観光PRキャラクター

はっとンとは...

登米市の郷土料理「はっと汁」をモチーフにした観光PRキャラクター。
ぼうしがお椀、ほっぺが人参、足がねぎ、腕が油麩、口は市の鳥である白鳥からのいただきもの、しっぽにはジャガイモがついています。
大きな体は登米市の形をしています。

誕生日:8月10日
体 重:8トン
性 別:男の子でも女の子でもなく小麦の子

ページTOP
閉じる
はっとンのプロフィール